ラシックスの服用方法

テーブルに緑の薬

利尿効果の高いラシックスも、サプリメントではなくお薬です。
服用方法を守り、体のむくみを継続てきに無くすことで、嬉しい効果がたくさんあります。
さっそく目的別服用方法を見てみましょう!

はじめに

ラシックスは利尿作用が強く、服用しはじめてから30分ほどすると、効果がではじめます。トイレの回数が、2時間ほど急に増えるため、仕事や大切なイベント前、就寝時の直前の服用は向きません。

むくみ取り目的

1日1回1錠を服用する。

高血圧改善

1日1〜2錠を2回に分けて服用する。

むくみで気づける病気

むくみは一見すると、悪い印象をうけてしまいますが、実は大事な体のサインになる場合も。健康な状態のときには、むくみは起こりませんが、もしむくんでしまっても、一時的なものなら、重力の関係で水分が足元に行ってしまっているだけかもしれません。
しかし、慢性的にむくみが続く場合は早めに医師の診断を受けましょう!

・心臓の病気(心臓が弱っていて、心不全の可能性が出てきます。)
とくに気をつけたいのは、「うっ血性心不全」でむくみ意外に、息切れや食欲不振などの症状も出てきます。

・腎臓の病気(水分が上手く排出できず、むくみが原因で起こる腎臓の病気)
「ネフローゼ症候群」は、膝下のむくみ感があり、たんぱくが大量に尿から出ていき、体重増加などがあります。
また「急性糸球体賢炎」では、腎臓に炎症があり、尿をつくる機能が低下している状態です。主な症状として、血尿やたんぱく尿、頭痛や食欲不振があります。

まとめ

むくみは健康な状態では、起こりません。
顔や体がむくんでいると、スタイルも良く見えませんが、体の中でもさまざまな炎症が起こっている場合もあります。慢性的に症状が続くようであれば、早めに医師の診断をうけましょう。

Copyright(c) 2018 ラシックスでむくみが取れる!通販で購入しよう All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com